2018/11/20 更新

【バイシクルオブザイヤー2019】TREK・MADONE SLR 9 DISC

モデル史上最高傑作と言えるトレックの最新フラッグシップ

前作でオールラウンダーから完全なるエアロロードへと生まれ変わったマドン。徹底的にエアロダイナミクスを追求した前作を上まわるべく誕生した新型は、空力性能はもちろんのこと、振動吸収性など、あらゆる面からの改良が加えられた。本作からディスクブレーキがメインとなるが、リムブレーキモデルも引き続きラインナップし、多くのユーザーの要望に応えている。

新型マドンSLRで最も大きなポイントが、空力性能を高めるために、シートチューブからトップチューブへとマウント位置を変更し、ダンパーを設けて減衰力を高めるなど大幅な進化を果たした振動吸収機構のアイソスピード。エンデュランスモデルのドマーネで開発したテクノロジーをマドンに最適化したことは、トレックの底力のなせるものだ。エアロダイナミクスにおいても、CFD解析により、表面気流の分離傾向、バイク表面の低エネルギー渦、後方乱気流の量、各部にかかる局所的な力などを分析。風洞実験のデータを元に導き出された最終形状で、前作以上の性能を引き出すことに成功した。ディスクブレーキの採用やアイソスピードのアップデートを施しながら、本流のエアロ性能までも高めたマドンSLRはモデル史上最高傑作と言っていい。

 

 


トレック・マドン SLR9 ディスク

Spec.

●113万9000円(デュラエースDi2 R9170完成車/税抜)
●フレーム:700シリーズOCLVカーボン
●フォーク:フルカーボン
●コンポーネント:シマノ・デュラエースDi2
●ホイール:ボントレガー・アイオロスXXX6チューブレスレディディスク
●サイズ:50、52、54、56、58、60、62㎝
●実測重量:7.92㎏(ペダルレス)

 

これぞマドンというラグジュアリーな走行感 ―ハシケン―

【IMPRESSION RIDER】
ハシケン

踏めば踏むほど低重心でパワフルなトラクション性能を発揮し、地を這うように突き進む。ゼロ発進も、まるでカミソリのように切れ味がよく、高速域だけでない万能性を実感できる。さらに、進化したアイソスピードによってロードノイズを断ち、マドンならではのラグジュアリーな世界観へと誘ってくれる。調整可能なコックピットまわりは、前作でエアロロードに舵を切ったマドンの課題を一掃。カスタムペイントのプロジェクトワンもマドンを選ぶ付加価値だろう。これぞマドンだと感じるライドフィールと、自分だけのビジュアルの特別感は魅力だ。

 

【IMPRESSION RIDER】
浅野真則

エアロロードがひしめくなかで、とくに評価したい新マドンのポイントは、快適性の高さとプロジェクトワンで自分だけの1台を作れる点。走行中の挙動にクセがなく、エアロロードとしては抜群の快適な乗り心地が印象的だった。ディスクブレーキ×スルーアクスルの相乗効果で、低重心かつ足まわりのカッチリ感があり、コーナリングや下りも楽しめた。プロジェクトワンでは、フレームデザインやパーツも好みで選べる。ロードバイクは決して安い買い物ではないのだから、予算内で最大限好みのバイクを作れるこのシステムは素晴らしい。他社も見習うべきだ。

 

問:トレック・ジャパン
www.trekbikes.com

page top