バイシクル特集

2018/4/23 更新

乗るぞ!ロードバイク -SHIMANOビンディングペダル&シューズ-

まずはこれから始めよう!

絶対ラクに走れるビンディングペダル&シューズ

多くのビギナーは「乗り慣れてからビンディングにしよう」と考えてしまうが、ロードバイクならではの爽快感を感じたい!と思うのであれば、じつは最初からビンディングを買ったほうがいい。
ビンディングは足とペダルを一体化できるアイテムで、パワーロスが少なく、ダイレクトな踏み込みができるので長距離もラクに走れる。ヘルメットやジャージをしっかりとキメたなら、見ため的にもいっしょにそろえたい。
はじめてのビンディングには、プロからビギナーまで人気のシマノがオススメ。なかでも、着脱がよりカンタンなライトアクションとクリッカーに注目だ。シーンに合わせたペダルとシューズを選び、ワンランク上のライディングで脱ビギナーを目指してみよう。

いきなりビンディングってアリ?
初めてだからこそ買うべきペダル

爽快な走りなら“SPD-SL”

RP3

RP3

1万5000円(税抜)

SPEC
■サイズ:36~50
■カラー:ブラック、ホワイト、ブラック/ブルー
■重量:285g(42)

ロングライドからレースまで対応できるSPD-SL対応のエントリーシューズ。2本のベルクロとラチェットストラップで足をしっかりとホールドし、広い踏み面でよりダイレクトな踏み心地を提供。日本人にフィットする足型も魅力

通常の-37%の力で着脱できるライトアクション仕様のPD-R 540-LA(5160円/税抜)。踏み面が広いクリートを採用

テクテク歩くのは苦手だが、パワーをムダなく伝えるナイロンソールを採用。SPD-SL用とSPD用クリートに対応し、ビギナーにオススメ

カジュアルなら“SPD”

CT5

CT5

1万2000円(税抜)

SPEC
■サイズ:36~48
■カラー:ネイビー、ブラック、オリーブ、オレンジ

バイクから降りればスニーカーのようにも使えるカジュアルデザインのSPD対応シューズ。ラバーソールで歩きやすく、ツーリングや街乗りにオススメ。ビンディングの魅力を味わいつつ、オシャレに走れる

カンタン着脱できるクリッカー仕様のSPDペダル、PD-T421(5962円/税抜)。
片面SPD、片面フラットペダルなのでスニーカーでも踏める

着脱が軽いからビギナーでも怖くない!

足を固定するのは不安に思うが、ライトアクションやクリッカーはわずかな力でクリートを着脱できる。はめてしまえば絶対にラク走れるので、怖がらずに使ってみよう。クリートの取り付けやペダル交換は、ショップで作業してもらおう

通常の半分以下の力で着脱できるのでビギナー向け。PD-T421は片面がスニーカーで踏めるタイプ

page top