バイシクル特集

2018/4/25 更新

乗るぞ!ロードバイク -LAZER-

スタイリッシュに快適ライド

正しいヘルメット選び

ロードバイクに乗るとき、なによりも最初にそろえたいアイテムが「ヘルメット」だ。万が一転倒してしまったときに頭部を守る大切なギアであり、さらに被っていない状態よりも快適に走れるという優れた機能を満載している。
ところが、ショップにはさまざまなヘルメットがあって、価格もかたちもいろいろ。どれを選べばいいの?と悩むが、もっとも重要視したいのが「快適性」だ。
自分に合っていないヘルメットを選んでしまうと、ライディング中のストレスになる。よくあるのはヘルメットの形状と自分の頭部形状が合わず、被るとどこかに痛みや違和感が出てしまうといった悩みだ。そこで、日本人の頭部形状に合わせた設計のアジアンフィットモデルをオススメしたい。
レイザーBLADE AFは欧米人と比べて頭部が丸い日本人に最適化したデザイン。さらに独自のフィッティングシステムと合わせて優れた被り心地を実現。わずか1万円というハイコストパフォーマンスながら、スタイリッシュなシルエットを手に入れることができるのも魅力だ。
安全のためのヘルメットだが、正しく選べば快適に、カッコよく走れる。明日はもっと遠くまで!なんて思えるような、気持ちいいヘルメットを選んでみよう。

BLADE AF

ブレイド エイエフ

1万円(税抜)

SPEC
■サイズ:S(52-56㎝、ホワイト、マットブラック、マットブルー/ブラックのみ)/M(55-59㎝)/L(58-61㎝)
■カラー:レッド/ブラック、マットブルー/ブラック、マットチタニウム、マットブラック、ホワイト、ミントグリーンブルー

90年以上の歴史をもつベルギーの老舗ブランド、レイザー。もともと日本人からの評価も高いが、ブランド初のアジアンフィットモデル「ブレイドAF」を展開し、さらに快適なライディングを実現

※ミントグリーンブルー(新色)は2018年5月下旬発売予定

「安全」「快適」「クール」が
カッコよく走るための必須条件

1

ASIAN FIT

アジアンフィット

Mサイズ比較で縦幅を5.84㎜小さく、横幅を5.79㎜広く設計したアジアンフィット。これまで以上に日本人にフィットしやすく、被っていることを忘れてしまうほど快適だ

2

SILHOUETTE

シルエット

流れるようなフォルムで、被ったときのスタイリッシュさが際立つデザイン。控えめなロゴはウエアコーディネートもしやすく、豊富なカラバリでどんなバイクにも合わせやすい

3

ROLLSYS

ロールシス

ヘルメット上部のダイヤルを回すだけで、指1本でカンタンに調整できるアドバンスドロールシスを搭載。これもレイザーが誇る人気のフィッティング機能のひとつだ

OTHER

いろいろ選べるラインナップ

LED TAIL LIGHT

LEDテールライト

ブレイドAFの後部にある溝に装着するテールライト。シェルと一体化したスマートなデザインで、後方からの被視認性を向上する。2500円(税抜)

Z1

ゼットワン

プロレースでも活躍する性能をもつ、レイザー史上最軽量(190g/Sサイズ)のトップモデル。ズバ抜けた通気性の高さも魅力。2万2000円(税抜)

TONIC

トニック

後頭部のダイヤルを回して調節する「ターンフィットプラス」を採用したロード向けベーシックモデル。7色展開のカラバリもうれしい。8500円(税抜)

POINT

ヘルメットの正しい被り方とは?

ヘルメットの性能をしっかり引き出すためには、被り方も重要なポイントだ。正しく被っていないと転倒時に頭部をちゃんと保護できないうえ、見た目もカッコ悪くなってしまうので気をつけたい。下の3つのポイントを守ろう!

1

ヘルメットは前部が眉の高さくらいになるように被る。おでこが見えている状態はNGだ

2

ストラップを締めるのも必須。緩いと転倒時にヘルメットが脱げてしまうし、きついと走行中に苦しくなってしまうので、指1本が入るくらいの長さがベスト

3

最後にバックルを調整して完了

page top