バイシクル特集

2018/4/25 更新

乗るぞ!ロードバイク -パナソニック-

よりハイレベルの満足感を味わう

最初からベストを組む
カスタムオーダーシステム

せっかく買うなら、サイズもルックスも、より自分に合ったロードバイクが欲しい! そんなときにオススメなのが、パナソニックのカスタムオーダーシステムだ。
ロードバイクの一般的なサイズ展開が3~5種類くらいなのに対し、パナソニックは10㎜刻みで豊富にサイズを展開。しかもカラーオーダーができて、ネームを入れるかどうかを選択できる。じつは国内で1本ずつハンドメイドすることで実現した画期的システムで、リーズナブルに、しかも注文から約1カ月で納車されるといううれしい存在。オーダーというと敷居が高いと思いがちだが、最初からベストな1台を組めるので、じつはビギナーにこそ価値がある。

POINT

初めてでもベストフィットする「POS」

「POS(パナソニックオーダーシステム)」は、豊富なフレームサイズに加え、ハンドルやステム、ギヤ構成も選べるのが魅力。レベルやシーンに合わせてベストな1台を作れる

フレームサイズ

460(140㎝後半~)から630(~200㎝くらい)まで10㎜刻みで展開し、モデルによってはさらに小さい430も用意している

ハンドルまわり

ステム長だけでなくハンドル幅も選択できるので、一般的な完成車よりもフィッティングしやすい。バーテープのカラーも選べる

ギヤまわり

予算に合わせてコンポも選べる。クランク長やギヤ構成、ホイールも選べるので、シーンに合わせたカスタマイズが可能だ

国産ハンドメイドでしかも短納期

パイプやラグにはオリジナル部材を多用し、熟練ビルダーによって1本ずつハンドメイドされるPOS。塗装も大阪にある自社工場で行う正真正銘のジャパンメイドバイクだ

LINE UP

スチールとチタンのモデルをラインナップ。車種はレースからツーリング、街乗りまで幅広く、ベストな1台をかたちにできる

シミュレーションサイトで自分だけの仕様が見れる!

カラーやパーツをイメージできるサイトも公開予定。クリックするだけで具現化し、バイク選びをサポートしてくれる

海外からも高く評価される
国産スチールバイクの醍醐味

カーボンとは違った金属フレーム特有の美しいシルエットも魅力で、今年2月に開催されたNAHBS(北アメリカハンドメイドバイシクルショー)では、世界に誇るジャパンクオリティとして大きな注目を集めたほどだ。
老若男女を問わず、このバイクといつまでも走っていたい!と思えるような、一生ものの1台をオーダーしてみよう。

FRTCⅡ
NAHBSスペシャルデザイン

磨き上げられたチタン地に、割れ塗装と半透明のぼかし塗装を融合(プロトタイプ)。POS標準モデルもこうした高い技術力で作られている

クロモリデザイン

NAHBSランドナー

NAHBS2018で公開されたスチールランドナー(プロトタイプ)。特殊な工作と塗装はすべてハンドメイドで、コアファンも唸らせる美しさだ

チタンデザイン

page top