バイシクル特集

2018/7/25 更新

走りが変わる高性能IRCタイヤ

IRC(アイアールシー)

1926年から続く歴史あるタイヤ&チューブブランド、IRC。二輪タイヤに特化し、ロードバイクでも標準化しつつあるチューブレスタイヤの開発にいち早く着手した。先進的な開発姿勢は高品質タイヤを生み出し、TOJ2018では個人&チーム総合優勝したキナンサイクリングチーム、東京ステージで優勝したチームイルミネートもIRCタイヤをチョイスしている。

現行フォーミュラプロはプロコンチネンタルチームのNIPPOと共同開発した第4世代のチューブレスタイヤ。クリンチャーのアスピーテプロは軽さに目がいきがちだが、チームからは耐パンク性の高さも評価されている。

ASPITE PRO WET(アスピーテプロウエット)

アスピーテプロウエット
6200円(税抜)

アスピーテプロと同じ設計で、ハイグリップを実現したモデル。コンパウンドはフォーミュラプロと同じRBCCとし、排水性に優れるトレッドパターンを採用

SPEC
■サイズ:700×24C
■重量:205g

ASPITE PRO(アスピーテプロ)

アスピーテプロ
6200円(税抜)

優れた耐パンク性能で、サイドカットを大幅に軽減。180TPIの軽量ケーシングによる軽い走行感と抜群のグリップ性を両立し、ムダのないライディングを約束

SPEC
■サイズ:700×24/26C
■重量:205g(24C)、245g(26C)

FORMULA PRO TUBELESS RBCC(フォーミュラプロチューブレスRBCC)

フォーミュラプロチューブレスRBCC
7600円(税抜)

優れたグリップ力とコントロール性、耐パンク性を備えた第4世代のチューブレスタイヤ。全天候下で高いパフォーマンスを発揮するIRCのフラッグシップ

SPEC
■サイズ:700×23/25/28C
■ビード:フォールディング
■重量:260g(23C)、280g(25C)、325g(28C)

page top