バイシクル特集

2019/5/23 更新

シーブリーズで熱いライドを楽しめ! プロに聞くクールな活用術

アツいライドに、いつもシーブリーズを

ロードバイクは、他のスポーツと比較してもかなり汗をかく。
だから、汗によるベタつきや不快感はできるだけ少ないほうがいい。
プロライダーの小笠原崇裕さんと管洋介さんの場合、その解決策はあのシーブリーズだ。

「ライドの前はもちろん、走行中や休憩中、ライド後にも塗っています。とにかく身体を快適に保つのがポイントで、レースでもツーリングでも、走るときはいつも愛用しています」

彼らが使うのは、発売から100年以上も変わらない全身薬用ローション「アンティセプティック」。
肌をクールに引き締めながらスキントラブルを防ぎ、ほてった身体をリフレッシュしてくれる爽快なつけ心地のアイテムだ。
アツいライドこそクールに楽しむ。デキるサイクリストの証だ。

SCENE 1

for TOURING

ライド前にはベタつきやすいワキまわりや足まわり、日差しが当たる首まわりにシーブリーズを。
風が抜けるたびに爽快な気持ちになり、ベタつきも気にならない。
スキンケアにもオススメなので、スネ毛処理のあとに使えば肌がシャキッとし、肌荒れを防ぐ効果も期待できる。

SCENE 2

for TRAINING

仲間とのトレーニング中もよく愛用しているという小笠原さんと管さん。
クルマに常備しているボトルをシェアして、疲れた身体やほてった肌をマッサージする。

SCENE 3

for OFFICE

シャワーがないときでも爽快な気分になれるシーブリーズは、日常の通勤ライドでも活躍。
着替える前にサッとひと塗りするだけで、ベタつかず、スッキリとした肌へ。気分がリフレッシュすれば仕事がいっそうはかどるし、快適に。

サイクリストにもオススメのシーブリーズはコチラ!

アンセプティック 全身薬用ローション
(医薬部外品)

オープン価格
容量:230㎖
アセをかいたあとのスキントラブルを防ぐ薬用ローション。爽快なつけ心地で、カラダをクールにひきしめながら、あせもやニキビ、テカリ、肌荒れなどを予防する。

問い合わせ:資生堂お客さま窓口 TEL.0120-81-4710
www.seabreezeweb.com/antiseptic/bicycle

小笠原崇裕
ロードからMTBなど、エンデュランス系スポーツを得意とするマルチアスリート。MTBでは日本代表コーチを務めなど幅広く活躍するいっぽう、ツーリングも好む

管洋介
競技歴22年のベテランレーサーで、バイシクルクラブではインプレッションライダーとしても活躍。アベントゥーラサイクリング代表として、スクールやイベントなども手がける

TEXT:友廣睦(編集部) PHOTO:宮田幸司/網野貴香 MODEL:小笠原崇裕/管洋介

 

(出典:『BiCYCLE CLUB 2019年7月号』)

page top