バイシクル特集

2019/1/22 更新

ロードバイクはどんなショップで買えばいい?【ロードバイクの購入】

自分に合ったショップを選ぼう

ロードバイクを買うときは、バイク自体以上にショップ選びが大切。ショップは買ってからのロードバイクライフに、大きな影響を与えるからだ。
自分が、どんなライダーになりたいかによって、選ぶべき自転車ショップは異なる。また、どのくらいの知識や経験があるかによっても違ってくる。まずはロードバイクを扱うショップに、どういうタイプのものがあるか知っておくと、ショップ選びのヒントになる。
小規模のショップは、たくさんの自転車を扱うことはできないが、ユーザーの要望に細やかに対応できるのがメリット。一方で大規模ショップは、たくさんの自転車を仕入れているので、さまざまなモデルを実際に見て比較できる。欲しいブランドが決まっているなら、ワンブランドショップもオススメだ。サイズも豊富にそろう。ビッグブランドなら豊富なラインナップから、好みや走り方、スキルに応じたベストな一台を提案してもらえる。

 

GUIDE

さまざまなプロショップの形態

ロードバイクを扱うショップには、いろいろなスタイルがある。それぞれに得意分野が異なるので、見極めが大切だ。
ロードバイクの知識が少ないうちは、小規模ショップのほうが安心。大規模ショップでは対応しにくい小さな悩みにも、事細かに対応してくれる。

チェーン店
各店比較的均一のクオリティで多くのブランドのスポーツ車全般を扱う。スポーツバイクのラインナップを幅広く見渡せるのでわかりやすい

ワンブランドショップ
ひとつのブランドのバイクだけを扱うのが、このワンブランドショップ。メーカー直営の場合もある。ラインナップとサイズが豊富で、現物に接しやすい

ロードバイク専門店
ロードバイクを専門に扱っていて、レースやトレーニングに関するノウハウや、機材全般にも精通している。フレーム買いなどにも対応する

大規模ショップ
チェーン展開してなくても、比較的大きな規模のスポーツバイクショップも多い。スポーツバイク全般から乗り手に適した一台を提案してくれるだろう

小規模ショップ
比較的小さなスポーツバイクショップは、店主のセンスでセレクトしたバイクを提案。サイクルライフの相談に乗ってもらえるなど、密なコミュニケーションが可能だ。

体験型ショップ
販売するだけではなく、フィッティングサービスやカフェ、ワークショップなどをメインに行う体験型のショップも増えてきた。スタイリッシュなのも魅力。

 

(出典:『大人のロードバイク教科書』

page top