バイシクル特集

2019/2/9 更新

ライド前の1分でできる! 安全に走るためのセルフチェック【ロードバイクの乗り方】

マメにチェックして重大なトラブルを避けよう

ロードバイクの走行前チェックにより、事故は未然に防ぐことができる。
輪行移動の多いライダーに多いのが、ハンドルまわりのネジのゆるみだ。
あとはホイールを交換して走行を楽しむシーンでうっかり忘れがちなのが、ブレーキの引きしろの調整不足。ブレーキが十分に制動しなくなるキケンも。

どちらも大きな事故につながるため、紹介する4つのチェック項目を、ライド前のルーティンに取り入れておきたい。

CHECK 1

前輪がきちんと入っているか

コントロールの要になる前輪の脱輪は、大きな事故につながる可能性も。
クイックレバーの締め付けは、いちばん最初にチェックしておきたい。

写真のようにハンドルの上から作業する。
しっかりとバイクを上体でホールドして、手の親指の付け根にレバーをかけ、少し力むぐらいのトルクで前輪を固定する。

ステムを持ち上げ 片手で前輪を回す
ブレーキキャリパーを上からのぞき、ホイールを空転させてホイールの振れを確認。同時にタイヤの状態、ハブまわりの異音も確認

CHECK 2

後輪がきちんと入っているか

後輪のチェックも行う。
前輪同様の手順でクイックレバーの締め込み、ハブやタイヤのチェックを行う。
まっすぐ車輪が入っていないと変速系のトラブルにつながるため、後輪固定後はチェーンステーのセンターに車輪が入っているかしっかりチェック。
また、クランクを回転させてチェーンのかみぐあいを確認する。

1⃣チェーンとギヤのかみぐあいをチェック

2⃣車輪がセンターに入っているかチェック

3⃣サドルに覆いかぶさりクイックを固定

CHECK 3

ハンドルまわりのチェック

トップチューブにまたがり、前輪を両脚ではさんでハンドルを左右に振ると、ステムのネジのゆるみをチェックできる。次にフロントブレーキをかけてバイクを前後にスライドさせ、ヘッドまわりのガタつきをチェックする。ブラケットに上から荷重をかけると、ハンドルの縦のゆるみもチェックできる。ゆるみがあると、段差などで突然ブラケットが下がる。

CHECK 4

ブレーキが効くか

最後にチェックしたいのが、前後のブレーキレバーの引きしろ。
繊細なコントロールが必要なブレーキタッチはいつも同じ感触に保っておきたい。
ブレーキシューの減り、ホイール交換後のリム幅の違いによりブレーキタッチは大きく変わる。
キャリパーブレーキの右端にあるレバーでも簡易的に調整できる。

Teacher
管洋介
AVENTURA CYCLING 代表

国内外で50ステージレースを経験してきた競技歴22年のベテランロード選手。バイシクルクラブではインプレッションやモデルのほか、ライディングアドバイスや連載も執筆。2017年よりアベントゥーラサイクリングを立ち上げ、自転車スクール講師としてイベントやコミュニティでのテクニカルコーチも務める。また、プロフォトグラファーとしても活躍する。

 

(出典:『大人のロードバイク教科書』

page top