バイシクル特集

2018/10/5 更新

【連載・TEST ME】NAKAGAWA・ナカガワエンドワッシャー

リムブレーキ式のフォークやフレームのエンド部分は車輪の脱着のために、はめ込む方向に「コの字」に成型されている。よってクイックリリース式の車輪の固定において、ハブ軸全周に均一な圧力をかけられず、ライディング中に掛かる振動や荷重に対してハブ軸がたわんでしまう。これによりエンド部の剛性、ホイールの回転性能などに負担をかけていた。
近年ロードバイクのディスク化によるスルーアクスルの採用で、この部分の剛性バランスが大幅に改善されたが、このエンドワッシャーはリムブレーキ派にとって大きな朗報となるアイテム。
フレームビルドの巨匠として知られる中川茂氏が古いフレームのリペアを行う際に、クイックリリースで開閉され続けたバイクのフームが変形していることに気付き開発。車輪装着時のエンドのすきまを埋め、バイクのパフォーマンスを引き出すだけでなく、フレームの保護にも一役買う。

 

ホイール本来の性能を引き出す!

フォークエンドやフレームリアエンドの肉厚が、エンドワッシャーの突起よりも薄い場合は使用できない。フォークエンドは5、6、7㎜の3サイズ、リアエンドは6、7、8㎜の各3サイズだ

エンドワッシャーはつる巻きバネを取り外し使用する。エンドに当ててクイックを通すより、クイックにエンドワッシャーを通した状態でエンドをはめるほうが脱着がスムーズだ

スチール素材でできているエンドワッシャーは防錆加工のタフトライド処理が施されている 

車軸がたわまず、スルーアクスルのバイクのように倒し込める。ハブの安定感がダイレクトに得られる走行感だ

INFO
NAKAGAWA・ナカガワエンドワッシャー
1万800円(4個セット/税込)
●対応:クイックリリースタイプのフォーク&フレーム ●単体重量:7g×4

 

TESTER’S IMPRESSION

驚きのパフォーマンスを発揮するエンドワッシャー

バネ感のあるフレキシブルなフレームや車輪の性能を生かすのが末端の剛性。バイクのたわみに対して張りのある反発力が加わることで、バイクの機敏性や反応性能を感じられる。これまでフォークやヘッド、チェーンステーやタイヤなどにこの性能を委ねていたが、このエンドワッシャーを使うとバイクの性能がグッと引き締まることに驚く。
とくにコーナリングやダンシングなどバイクのエンド部に大きな負担がかかる場面で、少し横剛性が物足りなかった機材が一新されたかのように、高い剛性感でコントロールできるようになった。また、ハブ軸がしっかりと固定されることでホイール本来の性能を引き出せ、機材のよさを再確認するという新鮮な感覚があった。まさに縁の下の力持ちとなる逸品だ。

 
TESTER
管洋介

ロード競技歴22年、世界中で活躍してきたベテラン選手。本誌では、フォトグラファー兼インプレッションライダー、並びに本誌企画の講師役などを務める。2017年よりアヴェントゥーラ・サイクリングチームの代表も務めている

p

問:ナカガワサイクルワークス www.nakagawa-cw.co.jp
TEXT & PHOTO:管洋介

page top