バイシクル特集

2018/11/29 更新

【連載・ニューモデル】YONEX・AERO FLIGHT

2014年のカーボネックスの誕生から日本製にこだわったロードバイクを手がけるヨネックス。エアロフライトはヨネックス初のエアロロードバイクだ。これまでカーボネックスの派生モデルとして高剛性のHRやディスクブレーキモデルをリリースしたが、まったく新しいフレームとしてはエアロフライトが2作めとなる。
エアロフライトの開発には4年の期間を要しているという。つまりファーストモデルのカーボネックスの誕生から時間を置かずに開発に着手したことになる。最大のポイントである空力性能を高めるため、モータースポーツに造詣が深いデザイナーとともに、30種類以上の形状を試作。風洞実験を繰り返し、カーボネックスより20%の空気抵抗軽減を実現した。
カーボネックスで採用された定評のある技術に加え、同社のラケットなどの性能向上に貢献した新次元カーボン「Namd(エヌアムド)」をフォークに採用。これは強い衝撃に対して大きくしなり、素早く戻る素材で、エアロ化による重量増と高速化でも路面からの衝撃を緩和する。さらに反発力と衝撃吸収性を兼ね備えるバイブスレイヤーカーボンを複合し、快適性と反応性を向上した。
空力性能や加速性能、快適性を高めながらもフレーム重量は未塗装で830g と超軽量。さまざまなレーシングシーンで活躍する。

ダウンチューブは、カムテール形状を採用。また各チューブを細くすることでも空気抵抗を低減している 

ヘッドまわりはフォークと一体化したデザインで空気抵抗を軽減した

強い力に対して大きくしなり素早く戻るエヌアムドをフォークに採用。コラムとブレード前後に複合し路面からの衝撃を和らげる

シートチューブもカムテール形状で、リアブレーキへの空気の巻き込みを防ぐデザインとした

 

INFO
ヨネックス・エアロフライト
70万円(フレームセット/税抜)
■フレーム:カーボン、バイブスレイヤーカーボン、マイクロコア、ゴムメタル ■フォーク:カーボン、エヌアムド ■コンポーネント:シマノ・デュラエース ■ハンドル/ステム:プロ・ステルス ■シートポスト:専用カーボン ■サドル:プロ・ステルス ■ホイール:ゴキソ・GD2 50㎜ ■タイヤ:パナレーサー・レースAエボ3 ■サイズ:XS、S、M、L ■カラー:グラファイト、ブルー×グリーン ■試乗車重量:7.3kg(XS)

 

IMPRESSION

高速巡航だけでなく上りでも早い軽量エアロロード

非常に縦剛性の高いフレームで、トルクをしっかりと推進力に変換している、というのが第一印象だった。走行感は直進性に優れていて、やや高回転をベースにしてペダルにトルクを乗せていくと、エアロロードバイクとしての巡航性能に助けられて段階的にスムーズな加速ができるだろう。それでも路面からの突き上げなど、嫌な硬さを感じることはなく、走行トーンは非常に滑らかだ。コーナリングや細かなバイクのコントロールでもバタつかず、地に着いた走りが心地よい。このあたりでエヌアムドやバイブスレイヤーカーボンの新素材を複合したことのメリットをしっかりと実感できる。
味付けとして直進性が高めだが、ハンドリング性能が犠牲になっているわけではない。ワインディングコーナーをなめるように、バイクを左右に転がしてラインを作っていくようなシーンを、美しく演出してくれる。ダンシングでは、効率よく小刻みにバイクがまとまっていく印象で、ここでもバイクが縦に押されていく性能を感じ取れる。
上りは車体の軽さと高剛性を生かして、やはり高回転でこなしていくのがベターだ。トントンとテンポよく足を押し流しながら上がっていくさまは、エアロロードバイクとは思えないほど軽快なクライミングが楽しめる。スピードの出る平地とテクニカルなコーナリング、上りでも連続的に踏まされるコースでこのバイクのパフォーマンスが発揮されるだろう。

 

IMPRESSION RIDER
管洋介
競技歴21年のベテランライダーで自身のチーム、アヴェントゥーラサイクリングの代表も務める。長年の経験を生かした的確なインプレッションが持ち味。身長168㎝

 

5

TEXT:猪俣健一/管洋介 PHOTO:猪俣健一
問:ヨネックス www.yonex.co.jp/roadbike

page top