バイシクル特集

2019/1/9 更新

HAIGE・HG-EX-5000 eX5【TEST ME】

多くの環境と人に対応する高品質スピンバイク

スポーツジムにあるスピンバイクを自宅に! ハイガーが展開する渦電流負荷システム搭載のHG1-EX-5000eX5を紹介する。
「渦電流負荷システム」とは左下のような磁力装置で、こぐスピードによって負荷を自動で変えてくれる機能だ。利点は「ライダーの脚力に応じて最適な負荷を提供」、「接触型ローラーのように摩擦による摩耗がない(=メンテナンスフリー)」、そして「非接触ゆえに音がしない」など多数だ。
この負荷装置によって、ガチレーサーの無酸素運動から、ペダリング上達のための練習、有酸素運動まで、さまざまなシチュエーションに対応。ここまでできて約6万円! 驚くべきコスパをもったスピンバイクを実際にテスト。

 

 

独自の負荷システムで、静音性にも優れるスピンバイク

渦電流負荷を採用したスピンバイク。ハンドル位置は4段階、サドル位置は12段階に調節可能。ペダルやサドルは交換できる

ハンドル下部、ヒザ近くに8段階の手動負荷調整レバーがある。ホイールの渦電流負荷とうまく組み合わせられる。もうちょっと上にあるとうれしい

ハンドル上部のメーターに速度や距離、心拍数、消費カロリーなどを表示。ケ イデンスは最上段のグラフで読みとれる。目標値をターゲットしやすい

本体内部のマグネットの磁力によって、ホイールが触れるとなく、負荷が調整される

マグネットが「非接触」なので擦れる音や振動がしない。ほとんど無音だ。マンション暮らしに強くオススメできる!

 

 

INFO
ハイガー・HG-EX-5000 eX5
5万9800円(税込)
●サイズ:W55×D105×H97-105㎝ ●推奨身長:155~180㎝ ●負荷調整:8段階 ●メーター表示機能:速度、時間、積算距離、ケイデンス、心拍数、消費カロリー ●耐重量:120㎏ ●重量:38.7㎏ ●付属:振動防止用マット ●1年保証

 

 

TESTER’S IMPRESSION

マジで超静か!家族全員が使えるスピンバイク

実物を組み立ててみると、30㎏を超える重量と高さに若干驚く。しかし実際のロードバイクと比較すると、縦横のスペースは同じくらいだ。ハンドルやサドルの位置を1分ほどで自分用に調整してライドオン。驚いたのはその静音性! いわゆるサイクルトレーナーでもよくうたわれる要素だが、その比ではない!
浜田的に言わせてもらえばこれはもう「無音」で、自分の呼吸しか聞こえないレベル。本体の揺れや、地面に伝わる振動もサイクルトレーナーとは段違いに少ない。
そして肝心の負荷装置。これもかなりいい。ヒザ近くの手動負荷レバー位置はやや低く感じるが、ホイールの磁石と渦電流による負荷はごく自然で、軽い負荷から重い負荷まで自然に対応してくれる。ジムにある本格機器が約6万円で買えると考えるとすごいことだ! お父さんがダイエット&心肺強化、お母さんがフィットネス、息子さんがガチトレーニングなど家族で使い分けられるのでは? 専門的に見えて、じつはめちゃくちゃユーザーフレンドリーな一品だ。

 

TESTER
ハマダ
元ショップ店員の編集部員。いわゆるガチレーサーではなく、毎日自転車に乗るツーキニスト&ロングライド愛好家。ごくたまにレース参加くらいのレベル。冬場の運動不足で、体重が少々増えつつある……。これを解消したいと考えている

2

問:ハイガー産業 www.haigeshop.net
TEXT:浜田幸紀(編集部) PHOTO:宮田幸司

page top